project image
島岡愛
管理職スタッフ
2014年7月より大井町店、代々木上原店、中延店にて勤務。
前職までの経験・入社のきっかけ
エステティシャン、セラピストとして働いていました。勤務中の怪我が原因でマッサージの仕事を続けることが難しくなり退職に至りました。長年続けてきた大好きな仕事で、天職にしようと思い頑張っており、指名のお客様も増えて充実している最中の怪我でした。退職後は悔しくて泣いて過ごす時間もありました。美容専門学校での2年間とセラピストとして勤務した6年間で得た知識と経験を活かせる仕事はないかと探していたところSANCTUARYの求人を見つけました。ヨガもフロントの仕事も未経験だったため、本当に自分に務まるのだろうかと応募締切ギリギリまで悩みました。「オープニングスタッフならスタートが全員一緒だからきっと大丈夫!」と自分に言い聞かせ、これを機に新しい仕事にチャレンジしようと決意して応募しました。
現在の仕事内容を教えてください
アルバイトとして入社し、当時は週2日勤務でした。オープニングスタッフは全員仲が良く、毎日出勤することが楽しかったです。自分たちで0から作り上げていく楽しさもありました。話し合いや工夫を重ね、ルールや業務をひとつひとつ作っていきました。この3年間でそれらはより良いものに改善され変化しましたが、あの頃みんなで作り上げたものは今もSANCTUARYの土台として残っていることを日々感じるので嬉しいです。2015年10月より代々木上原店店長に昇格し、仕事内容も責任も大きく変わりました。スタッフ指導から店内で起こる様々な事案の対応まで、失敗を繰り返しながら模索する毎日でした。落ち着いてきた矢先にトラブルが起きたりすることが多々あり、壁にぶつかった回数はもう思い出せないほど苦い経験をたくさん積みました。2017年4月にマネージャーに就任し、今は各店店長との打ち合わせを頻繁に行い、店舗の状況把握に努めています。店長時代の経験を生かしたアドバイスをしたり、店長が新しく導入することを客観的に見て助言やサポートをしたりと、より冷静な見方や判断が求められるようになりました。
今の仕事のやりがいは何ですか?
以前に比べ現場に立つことが少なくなり、お客様と直接触れ合う時間が限られています。そのため、店頭に立っている間は1分1秒が非常に大切だと感じます。限られた時間とチャンスの中で、お客様のためにできることを100%出し切れるように、以前にも増して全力でフロント業務を行なっています。また、スタッフとお客様が楽しそうに話している姿を見ると、SANCTUARYのフロントスタッフはやっぱりすごい!素敵!と毎回感激してしまいます。親バカかもしれません。
project image
project image
SANCTUARYで長く働ける理由は?
業務はルーティンで、一度覚えるとスムーズにこなせるため一見淡々として見えますが、状況や場面が1日1日でめまぐるしく変わるため、毎日新鮮な気持ちで働いています。慣れてきた業務こそ、今までと違った角度や視点で見ると新しい発見があり、改善点やアイデアが生まれてきます。日々その繰り返しで刺激があり、やりたいこともどんどん増えるので時間が足らないくらいです。
入社して変わったことはありますか?
「相手」を想う時間が増えました。お客様の表情や言葉、声のトーンや何気ないしぐさから何を感じているのか、何を必要としているのか考えること。一緒に働いているスタッフは自分が出した指示やアドバイスを理解してくれたのか。理解していなければもっとわかるように伝えるにはどうすればいいのか。会社が自分に対して何を求めていて、自分はどのようなプレイヤーでいるべきなのか。自分のまわりにいるたくさんの人の気持ちや想いを汲み取るために、まわりを観察して考える時間が増えました。SANCTUARY入社前は、もっと自分本意な仕事の仕方をしていたと感じます。
project image
入社を検討している方に一言お願いします
新しいことにチャレンジすることは不安や恐怖を感じますが、みなさんのはじめの一歩をぜひSANCTUARYで私たちと一緒に踏み出しませんか?頑張ったことをしっかり評価してもらえる職場に出会えることは奇跡です。認めてもらえることで、自分に自信が持てます。さらにステップアップしたいという向上心は、かならず成功へとつながります。もてあましている熱意とエネルギーを、ぜひSANCTUARYで発揮してください!
働いていて楽しいと思えた瞬間は?
非常に混雑した状況の中で、スタッフみんなで最高の連携プレーで乗り切った瞬間がすごく気持ちいいです。達成感で胸がいっぱいになり、汗だくのスタッフもすごく素敵な笑顔になっています。苦しいとき、辛いときを共有すると、不思議と絆がうまれます。このメンバーなら何が起きても大丈夫だという信頼もうまれます。スタッフのチームワークがSANCTUARYの最高の強みだと思います。
project image
職場の雰囲気(人・上司・会社)、SANCTUARYスタッフの魅力を教えてください
SANCTUARYのフロントスタッフはみんな体育会系でサバサバしています。明るく元気で、一見おとなしい雰囲気のスタッフでも、実はものすごく熱い思いや目標を内に秘めていたり・・・。断食をしたり、毎日レッスンを受けたりストイックなスタッフもいれば、お菓子が大好きで色々なところにこっそりお菓子をひそませていたり。ひとりひとりがとても魅力的です。店長、先輩、後輩は関係なく、全員で掃除をして全員で同じ業務をおこないます。そういう意味での縦社会ではないですが、社員はアルバイトスタッフを守るという意識を持っていますし、社員もアルバイトも店長を尊敬してサポートできるように頑張ってくださっているので、非常に良い環境です。
SANCTUARYの特徴、強み
チームワークです。他のスタッフが困っている場面で、一緒に組んでいるバディー(相方)が無視するようなことは絶対にありません。自分の仕事をしながら、相方がどこで何をしているのか状況を把握しながら働いていますし、フロントを離れる際の相方への声がけなども徹底しています。気づいたら相方がいないと怖いですよね。些細なことで信用や絆がなくなってしまいますので、お互いの連携プレーが取りやすいように声をかけあうことは徹底しています。チームワークの良さは店の雰囲気に直結します。お客様にも空気感で伝わるものがありますので、スタッフ同士の関係構築は非常に大切だと思います。
大事にしていること、心がけていることを教えてください
ウィンストン・チャーチルの「成功とは、失敗から次の失敗へと情熱を失わずに突き進む能力である」という言葉を、学生のころから大切にしています。人間関係や仕事でうまくいかないことがあるのは当たり前で、失敗をすればするほど成功したときの感動や達成感は大きいです。ちょっとした失敗からとんでもない失敗まで色々と起こる中でも、腐らずに、最終的に成功している自分を想像して歩みをとめないことが大切だと思います。接客業では、お客様のニーズに自分のピントがあっておらず、厳しい言葉が返ってくることや悔しい思いをすることはあります。やめることは簡単で、継続することの方が難しいと感じることが多々あります。でも、気がついたらそのお客様と仲良くなって笑顔で会話していたりするものです。お客様のため、スタッフのため、会社のために今自分にできることを全力でやり続けることが大切だと思います。
将来の目標を教えてください
SANCTUARYの店舗がたくさん増えて、ヨガが普及していない地域やエリアでヨガとふれあう機会をあたえられるようなコーディネイトの仕事をしたいです。もう一度店長として現場に立ち、直接的に店舗やスタッフに携わりたいとも思っています。働く女性、長年の病に苦しんでいる女性、介護や育児に追われている女性が、1日の60分でも、1ヶ月のたった1日でもいいので、ヨガを通して自分を大切にできる空間や時間をコーディネイトする仕事ができればいいなと思っています。
選挙のテロップのようなおもしろいエピソードがあれば教えてください
飼っていた猫がめずらしくじゃれてきて甘噛みしているなと胸キュンしていたら、実は流血するほど本気噛みされていた。

インタビュー一覧

瓜生恵都
瓜生恵都
受付スタッフ
米澤美菜
米澤美菜
インストラクター
間宮愛
間宮愛
受付スタッフ兼インストラクター
鈴木晴奈
鈴木晴奈
受付スタッフ兼インストラクター
原千鶴
原千鶴
受付スタッフ
森島早希
森島早希
受付スタッフ
渡辺綾香
渡辺綾香
受付スタッフ
島岡愛
島岡愛
管理職スタッフ